まつげエクステを施術するための資格はあるのか

まつげのエクステは、アイメイクブームもあり、2004年頃から人気がでてきました。まつげに関する美容を行う人をアイリストと呼ぶようになり、ネイリストともに注目されています。まつげエクステの施術を行うには美容師免許が必須です。

平成20年以前は、無免許でもまつげエクステを行うことは可能でしたが、施術による美容トラブル被害が増えたため、厚生労働省からまつげエクステを行うときには美容所登録を行うことと、施術者には美容師免許を取得していることを義務付ける通達が配布されました。そのため、それ以後に美容師免許をもっていない人がまつげのエクステを行なった場合は、違法とみなされ逮捕されたり、営業停止になります。

そのため、まつげのエクステを行っている美容系のサロンでは美容師免許をもっている人材を求めています。美容師免許を取得するには、美容専門学校に2年間通った後に美容師国家試験を受験します。そして、合格した後、美容師名簿に登録することで免許を取得できます。美容専門学校に入学できる条件は高卒になっています。通学する以外にも美容院で雑用などの見習いとして働きながら、通信課程を経て、国家試験を受験する方法もあります。

通信の場合は、課程を修了するのに3年以上かかります。最短で美容師免許を取得するには、高校卒業後に美容専門学校へ入学して、2年後に卒業してから国家試験に合格する形になります。登録してから免許が手元に届くのに1か月かかりますので、2年と1か月かかる計算になります。費用は、昼間制なら入学金と授業料を合わせて約200万ほどになり、夜間の場合は170万、通信課程だと70万前後になります。

国家試験の費用は、年によって多少変動がありますが、だいたい3万前後で、免許申請には手数料と登録免許税を合わせた約2万前後が必要となってきます。まつげエクステに関する資格には、美容師免許のような国家資格はありませんが、アイリストに特化した民間の資格がいくつかあります。

有名なものとしては、日本アイリスト協会が主催しているアイリスト技能検定試験、一般社団法人日本アイラッシュ美容協会が主催しているアイスタイリスト資格検定試験、一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会のプロアイリスト検定などがあります。まつげエクステをお探しならritorieということになると考えられます。

まつげのエクステの施術のみを専門に行っているサロンに就職、転職する場合はアイリスト関連の資格も習得しておいたほうがよいです。

slide

Q.まつエクする前に、まつげパーマをしたほうがいいですか?

まつげエクステをつける前にまつげパーマをかけるのはやめた方が良いです。あまりにもまつ毛が下向きに生えている場合は担当者に相談してみましょう。

slide

まつげエクステで自まつげにかかる負担について

まつげエクステは、まつげが少ない女性のまつげを、増やす事が出来て非常に便利です。ただし装着時や外す際に、自まつげに負担がかかるので専門のサロンに行き、行うべきです。

slide

まつエクの最大のメリットはすっぴんに自信がモテる

化粧をしている時にはつけまつげやマスカラで長く綺麗なまつげがすっぴんになってもあるようになるまつげエクステって素敵です。
どれだけ楽で素敵なことか紹介します。

slide

まつげエクステのスクールについて

まつげエクステを学ぶ事が出来るスクールの特徴は、美容に関して色々な事が学べて、様々な職業の方が通っています。